アフターピルは女性にとってお守り

アフターピルは避妊に失敗をした時に使用する緊急避妊薬ですが、女性ならば誰もが使用する可能性のある薬です。
性行為を行う時には妊娠を望んでいないのであれば避妊をする必要があります。
しかし、避妊をしているつもりでいても失敗をしてしまうこともあるでしょう。
また、避妊をするつもりであったのに、どちらかの意向で避妊をしないままに性行為に及んでしまう可能性もあります。

こういったことがあった場合には望まない妊娠をしてしまう可能性があり、その時には女性の体への負担が非常に大きくなってしまいます。
望まない妊娠を事前に予防できる最後のチャンスが緊急避妊薬ということになり、女性にとってはお守り的な存在となっています。
性行為をする時は通常は相手の合意を得て行うのが普通ですが、場合によっては無理やりに性行為に及んでしまう強姦の被害に遭う可能性もあります。
強姦に遭うかどうかは本人の意志とは関係なく、運が悪ければ誰もが遭遇する可能性があります。
緊急避妊薬はそのような犯罪に巻き込まれた時にも使われることが多く、女性であればお守りとして準備をしておきたい薬のひとつになります。
アフターピルは性行為の後72時間以内に使用することで高い確率で望まない妊娠を防ぐことができます。

犯罪に巻き込まれた場合には、相手が誰かわからないままにのぞまない妊娠をしてしまうこともあるため、そういった不幸を未然に防ぐためには犯罪が起こった後でもなるべく早くアフターピルを服用することで対処しましょう。
アフターピルは72時間以内に服用することになっていますが、72時間以内であればいつでも良いのではなく、早ければ早いほど避妊効果が高くなります。
万が一、避妊に失敗をした時や犯罪に巻き込まれた時には、できるだけ早くアフターピルを服用できるように対処をしましょう。
手元にアフターピルがない時には病院を受診して処方してもらう必要がありますが、早めに受診するようにしましょう。

アフターピルならアイピルがおすすめです

アフターピルにはいくつかの種類があり、LNG法というものは72時間以内に1回だけの服用をする薬でノルレボ錠という名前で販売されています。
もうひとつがヤッペ法というものでプラノバールという薬で性行為の後72時間以内に2錠を1回服用し、そこから12時間後にさらに2錠服用します。
大きく分けるとアフターピルはこの2種類になりますが、ヤッペ法はLNG法に比べて副作用が出やすいという特徴があり、強い吐き気などもあるようです。

このふたつの種類の薬はどちらも性行為の後できるだけ早く服用することで高い確率で望まない妊娠を防ぐ効果がありますが、副作用が格段に少ないと言われているノルレボ錠を使う人が増えています。
しかしノルレボ錠はプラノバール錠に比べて価格が高いというデメリットがあり、経済的な負担が大きくなります。

そういった問題をクリアーしたものがノルレボ錠のジェネリックであるアイピルで、ノルレボ錠と同じ成分でできていながら価格はかなり安く設定されています。
ジェネリックは後発医薬品と呼ばれるもので、最初に開発をされた薬に比べて価格が安いという特徴があります。

アイピルはノルレボ錠とほぼ同じ成分で作られており、使用方法も同じです。
そのため、性行為の後72時間以内に服用すれば、高い避妊効果のある薬です。
アイピルはノルレボ錠のように副作用が出にくいという性質の緊急避妊薬ですが、全く副作用がないわけではなく人によっては吐き気を感じたりすることもあることを覚えておきましょう。
また服用のタイミングは早いほど避妊効果が高いという点も同じなので、避妊に失敗をしたとわかった時点ですぐに服用すると最も効果が高くなります。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る