エストロゲンを増やして女性らしくなる

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類があり、両者はバランスを取りながら分泌されています。
エストロゲンやプロゲステロンの調整は女性が妊娠して無事に出産できることを主眼としていますから、体調や美容に悪影響をもたらすこともしばしばあります。

女性の美容や健康という観点に注目すると、エストロゲンは非常に大きな役割を果たしています。
エストロゲンは通称「美人ホルモン」とも言われ、女性らしくなるためには欠かせないものです。

例えば、エストロゲンは成長期に乳腺を発達させる性質を持ちます。
乳腺が発達するとその付近に脂肪がつきやすくなり、乳房が成長しやすくなります。
女性らしい丸みのある体つきを促すのもこのホルモンの働きです。
さらには豊かで美しい髪の毛を作る働きや、潤いのある肌を生成するためにも欠かせません。
加齢によって髪の毛や肌に悪影響が出てしまうのは、エストロゲンの分泌量が減ってしまったからということになります。

エストロゲンは女性の体調面でも大きな働きをしています。
その分泌量が減少してしまうと、身体面においても精神面においても悪影響が生じます。
身体面については、骨や血管が劣化してしまう可能性があります。
エストロゲンが減ると骨粗しょう症になりやすくなるのは有名な話です。

また、エストロゲンが不足してしまうと脳や自律神経の働きにも影響が出てしまうと言われています。
結果、イライラや憂鬱、不安感がもたらされることもしばしばあります。
場合によっては、記憶力の低下といった状況に陥ることも考えられます。

以上を踏まえると、エストロゲンは女性らしくあるためにも、女性らしく行動するためにも欠かせないホルモンであることがわかります。
したがって、女性はこのホルモンが不足してしまわないように気を配るべきと言えます。
例えば、大豆に含まれるイソフラボンという成分はエストロゲンと同じような働きをすることが科学的にも判明しています。
イソフラボンは食事から摂取することもできますし、サプリメントで手軽に摂取することも可能です。

毎月生理は来るけど排卵しないのは病気?

女性が妊娠するためには排卵が欠かせません。
そして、生理が来ると排卵日が近いサインでもありますから、両者は密接な関係にあるのが一般的です。
ところが近年では出血を伴う生理が来ても、排卵を伴っていない「無排卵月経」に陥る女性が増えています。
働く女性が増えていることから、ストレスを抱えたり、生活習慣が不規則になる方が増えていることが主な原因です。
無排卵月経は生理が不規則な方に現れやすいとされており、30代の女性に多い傾向が見られます。

通常、生理から排卵までの期間はエストロゲンが有利になり、排卵から次の生理までの期間はプロゲステロンが有利になります。
こうした周期を繰り返しながら、体のリズムが形成されます。
ただし、このようなホルモンバランスはストレスや生活習慣によって左右されやすいものです。
したがって、たとえ生理が不規則であったとしても、必ずしも無排卵月経であるとは限りません。

ただし、不規則な生理が長期間続いている場合にはこの症状を疑ってみるべきです。
不妊症へとつながる可能性もありますから、妊娠を希望する女性は医療機関への通院も検討しなければなりません。
医療機関に相談すると、通常、排卵誘発剤という飲み薬を用いた治療が実施されます。

無排卵月経は日頃からの意識によっても予防・改善できます。
具体的には、ストレスを溜め込まずに生活習慣を正しくすることです。
こうした取り組みによって、ホルモンの分泌を調整する機能が正常になります。
ホルモンバランスが整えば生理周期や無排卵の改善が期待できます。

同時に、ホルモンバランスを考えた食事を意識することも心がけましょう。
エストロゲンと同じ働きをするイソフラボンを含む大豆製品、植物性エストロゲンが豊富なザクロなどを積極的に取り入れると効果的です。
また、体を温める食材を中心にするとホルモンバランスが整います。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る