ホルモンバランスが崩れたらプロギノバで改善

健康的な生活を送るためにはホルモンバランスを整えることが重要です。
ホルモンバランスが崩れるとイライラや不眠、頭痛、疲労などさまざまな体調不良を引き起こすと言われています。
ホルモンバランスの乱れをそのままにしておくと病気の原因になってしまうこともあるため、整え方を知っておくと良いでしょう。
もともとホルモンバランスの崩れとは女性ホルモンの分泌量のバランスが乱れてしまうということです。
女性ホルモンというのは女性にとって欠かせない物質であり、女性らしい体を作ったり、妊娠の準備をするといった役割があります。

閉経が近づくとイライラや不眠などの症状が起こりやすくなりますが、これもホルモンバランスの崩れが原因であると言われています。
女性ホルモンの一種であるプロゲステロンには睡眠を促すという作用があります。
黄体期や妊娠初期にはプロゲステロンの分泌量が増えるため、眠気を感じやすくなるということです。

また、プロゲステロンの減少はイライラやうつなど精神面にも悪影響を及ぼすとされています。
ホルモンバランスはさまざまな原因で乱れてしまいます。
生活習慣の改善によって整えられることもありますが、場合によってはホルモン剤による治療が必要になることもあります。
プロギノバは女性ホルモンの欠乏によって起きるさまざまな症状の改善に使われているホルモン剤です。
この薬のことが気になっている場合、病院で相談してみると良いでしょう。

女性ホルモンは年齢を重ねるごとに分泌量が減少してしまいます。
これは閉経が近づくためであり、40代を過ぎると急激に分泌量が減少してしまうということです。
プロギノバには減少した女性ホルモンを補うという効果があります。
配合されている成分によって女性ホルモンを活性させることができるため、他のホルモン剤よりも高い効果が期待できるでしょう。
ちなみに、ホルモン剤の効果は高ければ高いほど良いというわけではありませんが、他のホルモン剤を使っても効果が出にくいと感じたらプロギノバを試してみるのがおすすめです。
錠剤タイプの薬なので飲むだけでホルモンバランスを整えることに繋がります。

プロギノバの正しい服用方法について

ホルモンバランスは生活習慣の改善によって整えることもできますが、薬で整えるという方法もあります。
ホルモンバランスを整えるためにプロギノバを服用したいという場合、正しい服用方法をチェックしておくことが大切です。
プロギノバは1日1錠服用する薬であり、毎日決まった時間に服用するようにしましょう。
しかし、ホルモン補充療法の際には症状によって服用方法が変わってくるということです。
服用方法を間違えると副作用のリスクが高まってしまうため、ドクターの指示をきちんと受けてから使用することがポイントです。

プロギノバは女性ホルモンの分泌量を増やすホルモン剤であり、服用には十分な注意が必要です。
自己判断で服用すると逆にホルモンバランスが乱れてしまうこともありますし、体調不良に繋がってしまうこともあります。
この薬を飲んで体調に変化があった場合、ドクターに相談してみると良いでしょう。
ちょっとしたことでもきちんと聞いておくと安心です。

プロギノバの副作用としては、不正出血や乳房の張り、吐き気、嘔吐、腹痛、頭痛などといった症状が挙げられます。
また、重篤な副作用として血栓症があります。
血栓症のリスクは極めて低いとされていますが、悪化すると重篤な症状に繋がってしまうこともあるので注意しましょう。

もともと女性ホルモンには血液を固まりやすくするという働きがあるため、ホルモン剤を使うと血栓ができやすくなると言われています。
血栓ができると血の通り道が塞がってしまいますし、場合によっては脳梗塞などを引き起こすこともあるということです。
ふくらはぎの痛みや胸の痛み、息苦しさ、激しい頭痛などの症状があった場合、すぐにプロギノバの服用を中止してドクターに相談しましょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る