マーベロンで肌荒れを改善しましょう

マーベロンは数多くある低用量ピルの中でも美容ピルと呼ばれるほど美肌効果の高いピルとして有名です。
その理由としては肌荒れやニキビを改善できたという実績があり、実際にニキビの治療に使われることもあります。

マーベロンは比較的副作用の少ない低用量ピルですが、人によっては不正出血などのマイナートラブルが出ることもあります。
1シートすべてホルモン含有量が同じに保たれているのが特徴です。
体内のホルモン量を一定に保ち、男性ホルモンを抑制する効果のある黄体ホルモンが使われているため、ニキビを防ぐ効果が高いのが特徴のピルです。

副作用は不正出血やむくみなどが報告されていますが、服用して身体が慣れていくうちに消える場合がほとんどです。
女性の場合約1か月の間でホルモン量が変動するためそれに合わせて肌荒れをすることがあります。
マーベロンの場合には服用している間は一定のホルモンバランスが保たれるためニキビや肌荒れになりにくなるメリットがあるため人気です。

避妊薬のなかでも世界中で人気のマーベロンですが、美容目的で美容ピルとして服用している人も少なくありません。
ニキビや肌荒れが改善する人が多いため、綺麗になるピルと呼ばれ日本でも多くの医療機関で処方されています。

これから避妊薬を服用する予定があって肌荒れやニキビに悩まされている方は、マーベロンを選択肢に入れると高確率でその改善が見込めます。
日本の皮膚科や婦人科でもホルモンバランスの乱れによる肌荒れで処方されることもあるほどその効果が認められていますので、肌荒れに悩んでいる方は服用を検討してみてはいかがでしょうか。

美容ピルと名高いマーベロンですが、勿論本来の目的である避妊効果も高いため、避妊をしながら肌を美しくすることができる女性にとっては理想的な経口避妊薬と言えるでしょう。
ニキビだけでなく生理前に肌の調子が悪くなりやすいという方にも効果を期待しやすいメリットがあります。

妊娠しずらい安全日っていつ?

避妊をするうえで安全日や危険日という言葉が使われることがありますが、安全日とは妊娠しづらい時期をさす言葉で一般的には排卵してから数日後から生理になるまでを指します。
排卵日は妊娠しやすい時期ですが、その前後数日間は最も妊娠しやすい時期でそれが危険日とよばれるものです。

危険日を過ぎて生理が来るまでは最も妊娠しにくい時期でこの期間を安全日と呼びます。
しかし、排卵日が予定とずれたり精子の寿命が長い場合には計算通りに避妊できないことを想定しておく必要もでてきます。

生理中は妊娠する確率は低いですが性交渉は好ましくないといわれていますし、生理が10日前後と長い人の場合には排卵までの期間が数日ですので生理開始日から排卵の数日後までは実質性交渉をすると妊娠する確率が高くなる時期です。

生理の長さや男性の精子の寿命には個人差がありますので、月経周期をもとにした避妊法はあくまで補助的な役割と考えて一般的にはマーベロンなどの経口避妊薬で望まない妊娠を避ける必要があります。
マーベロンをはじめとした経口避妊薬は正しく服用すれば100%近い避妊率ですので望まない妊娠を防ぐことが出来ます。
妊娠しにくい時期は確かにありますが、100%ではありませんし、実際にはその方法で避妊していたつもりでも妊娠する可能性はゼロではありません。

マーベロンは肌荒れを防ぎながら確実に避妊することができる薬ですので、より安全な避妊をしたいという方は経口避妊薬を使うことがおすすめです。
しかし、何らかの原因で服用できないため他の避妊法を使いたいという事であれば、排卵から数日後から月経開始までは最も妊娠しにくい時期と覚えておくと良いでしょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る