低用量ピルで生理不順を改善

低用量ピル

生理周期は25日~38日の間で推移しているうちは、多少の違いがあっても性状だとされますが、この範囲を超えて不規則になっている場合には生理不順があると言われます。
この長さには個人差がありますが、基本的には毎回決まった周期で生理がくることが望ましいとされています。

なぜなら生理の間隔が不規則になっていることは女性ホルモンのバランスが乱れている状態だと言えるからです。
女性ホルモンは生理周期に合わせて分泌量が増えたり減ったりといったサイクルを繰り返し、ホルモン量が安定していると生理が規則的に来るようになります。
そのため生理不順になっているということは女性ホルモン量のバランスが乱れてしまっているということになるでしょう。

低用量ピルを服用している時は体の外から女性ホルモンを補充するかたちになるため、ホルモン量が安定するというメリットがあります。
通常は体の中の変化にあわせてホルモン量も変化していきますが、低用量ピルを服用している時には、体の中のホルモン量が足りていると認識されて、自身では女性ホルモンの分泌が行われなくなります。
そのため常に低用量ピルに含まれているホルモン量になるためにバランスが安定します。

低用量ピルを服用している期間は生理不順が改善するだけではなく、ホルモン量のバランスの乱れからくる他の症状にも効果をあらわします。
ホルモン量をコントロールすることで生理の数日前に起こるPMS改善効果も期待でき、生理にまつわる様々な悩みを解消することができます。

低用量ピルを服用することでPMS改善効果ができれば、毎回くることを苦痛に感じていた生理に対する気持ちも変化してくるでしょう。
生理不順はくる時期が予測しにくいだけでなく、生理が重くなりがちになるというデメリットがあります。
周期が乱れるということは、生理周期に伴って変化する子宮の状態も不安定になりやすいということになり、生理痛が重くなることが多いようです。

生理不順は不妊の原因にもなる

生理不順になるということは、体の中のホルモン量のコントロールがうまくいっていない状態です。
正常な状態の生理周期の場合には生理周期の前半部で体が排卵に向けて準備を進めていき、その後は受精卵が着床しやすいような環境になっていきます。
生理はただ出血するだけでなく、妊娠に向けて体が変化していくことでもあります。

生理周期が正常だということは、排卵が定期的に起こっていると考えられ、妊娠をしやすい状態だと言えます。
これに対して生理不順な状態は排卵障害が起こっている可能性があり、もしも排卵が順調に起きていない時には不妊の原因にもなります。
排卵障害は全く排卵が起こらないものから、排卵をしたりしなかったりするものまで色々です。

また受精卵ができたとしても、妊娠を成立させるためには子宮内膜に着床することが必要です。
子宮内膜は排卵が起きた後に徐々に厚くなっていき、受精卵の着床がないと生理として排出されます。
この時に必要な分だけ子宮内膜が厚くなることが大切で、しっかりと厚くならないと着床がしにくく不妊となってしまいます。

子宮内膜はちょうどよく厚くなることが大切で、生理が不順で子宮内膜が厚くなりすぎると、それが生理の際の出血量の多さに関係してきます。
出血量が多いと、子宮内の血液を体の外に出すために、子宮の収縮が強まり生理痛が強くなることもありますし、出血量も多くなります。
子宮内膜が薄いままで厚くならない時には、受精卵ができても着床がしにくい状態になるでしょう。

生理不順を放っておくと、ホルモン量のバランスがさらに乱れて悪化してしまうことがあるので、なんらかの対策をしておくことが望ましく、低用量ピルを服用することは生理不順の改善にも役立ちます。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る