生理痛緩和はピルを服用で解決できる

生理痛には個人差がありますが、中には仕事や日常生活に支障をきたすほど強い痛みに悩まされる場合もあります。
生理周期は閉経まで継続するものなので市販の鎮痛薬でしのいでいる方々も少ないと聞きますが、最近ではピルを服用することで生理痛緩和の効果を得ることが出来ることが判明し、注目を集めています。
そこでピルを服用するとどうして生理痛緩和の効果を得ることが出来るのか、そのメカニズムについて考察してまいりましょう。

ピルは経口避妊薬で、避妊目的で服用するのは言うまでもありません。
ピルには女性ホルモンが含まれていて、服用すると排卵を抑制する作用を発揮し避妊目的を達成してくれるわけです。
排卵が抑制されるとホルモンバランスの乱れを調整することが出来るわけです。

それではどうしてホルモンバランスを調整すると、生理痛緩和につながるのでしょうか。
生理中は妊娠に備えて子宮内膜組織が分厚くなっています。
受精卵が着床すると胎盤のもとになるわけですが、妊娠しなければ不要になるので、体外に排出しなければなりません。
内膜が剥がれ落ちて、子宮口から子宮内膜が剥がれ落ちるのが月経で、それと同時に経血も排出されることになります。
この子宮口を経由して経血が排出されるときには子宮全体が激しく収縮します。
この時子宮内膜のボリュームが大きいほど、排出の為には強い収縮が必要になり、生理痛も強くなるのです。

この時に備えて日常的にピルを服用していれば、排卵が抑えられるので妊娠の可能性もほぼなくなるので子宮内膜の増殖も少なくなります。
そのおかげで生理の時の出血量も減って、出血時の子宮収縮も弱くなるので生理痛緩和の効果を得ることが出来るわけです。
ピル服用時には排卵を伴わず子宮内膜が剥がれ落ちるだけなので、その点も生理痛緩和に関係していると見られます。
具体的には、下腹部の痛みや腰の痛みさらには出血時の痛みや不快感も軽減されるとされています。

セルフケアで生理痛を和らげる方法

ところでピルを服用するには婦人科を受診して処方箋を出してもらう必要があり、必ずしも一般的な生理痛緩和対策とは言えない側面があるのは事実です。
そこでセルフケアで生理痛を和らげる方法を御紹介しましょう。

生理痛の原因となる子宮収縮には、プロスタグランジンと言う物質が関係しています。
プロスタグランジンは傷の修復を促進しますが、過剰な分泌は強い子宮収縮を惹き起こすわけです。
この物質の過剰な分泌は身体の冷えや血行不良が原因となります。
そこで下半身を中心に全身を温めることが生理痛緩和のケアになります。
具体的には入浴時には湯船にしっかりつかり、血行を促進することは簡単に実践出来るメリットがあります。
入浴ではシャワーだけで済ませるのは控えるようにして下さい。

また生理痛緩和に効果のあるツボを刺激する方法もあります。
中でも女性特有の悩みに効果を持つとされているのが「三陰交」、両足の内くるぶしから指4本を並べた上部に位置している部分で骨と筋肉の境界部がそのツボになります。
ツボの押し方ですが、刺激する足と同側の手を使って掴むようにして、三陰交のある骨との境目に親指でゆっくり圧力を加えます。
各々3-5分ほどの時間をかけてください。

生理痛はそれ自体がストレス要因になりますが、年齢を重ねて身体条件が変化したり、生活環境からくるストレスなどは増悪要因に作用します。
年齢に応じた生活環境の整備や、ストレスをためない生活を心がけることも大切です。
しかしストレスフリーの生活というのは実際には難しいので、自分なりのリラックス出来る時間を用意することも生理痛緩和に役立ちます。
香油を使ったアロマなどもストレス緩和に効果的です。
好みのアロマオイルの香りに包まれて、リラックス出来る時間を意識的に作るようにすれば、ストレスと生理痛緩和の両面に効果を期待出来ます。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る