札幌・北海道のICLクリニックはどこがいい?

川口眼科クリニックのICLはおすすめ?料金や特徴を調べてみた

川口眼科クリニックは江別市でICLが受けられる地域密着のクリニック。

札幌市まで行かなくてもICLが受けられることは地域の方にとっては大きなメリットです。気になっていた方も見えると思います。

今回は川口眼科クリニックについて詳しく紹介します。

川口眼科クリニックのICL費用

ICL料金

レンズ種類 費用(税込)
ICL乱視なし 660,000円
ICL乱視あり 770,000円

※適応検査の料金:5500円 

川口眼科クリニックのICL費用は、他の病院と比較すると一般的な価格であるといえます。

ICL手術について

ICLレンズ

ICLはレーシックのように角膜を剥がすことなく、3mm程の小さな穴をあけてICLレンズを埋め込む手術です。

角膜への損傷が最小限で済むため、不快感や見え方の異常などのトラブルが起こりづらいのが特徴です。

また目の中に入れるICLレンズは、コラマーという水分の含んだ柔らい特殊な素材でできており、目に衝撃を与えてもレンズが割れたりする事がありません。

手術自体は両目で約20分あれば終わるので日帰りできます。

術後に目に問題を感じたり、何かしらの不具合があった場合は、目の中のレンズを取り出して元の状態に戻すことも可能。安全性の高い手術です。

メリットの多いICLですがデメリットは費用が高額なこと。ICLのレンズはその人に合わせたオーダーメイドのため、他の視力回復手術と比較して高額になります。

ICLの術前検査について

視力検査

ICLは手術を受ける前に複数回の術前検査をする必要があります。目は変動しているものなので、複数回の検査を行って目の状態を確認する必要があるからです。

術前検査で何度か病院へ足を運ばなければならないので面倒に感じる方もいるでしょう。

この点は眼鏡を購入するようにはいきませんが、術後は眼鏡をかけずに生活を送れるようになります。

術後は定期検査を受けるだけでよく、コンタクトレンズや眼鏡のような手入れの必要もありません。

川口眼科クリニックの特徴

説明する医師イメージ

江別市の川口眼科クリニックでは患者や家族の希望に沿った診療方針を提案しています。

医者任せではなく、患者が希望する治療を提供できるように総合医療体制を提供することで、健康自己管理することを支える病院として活動しています。

また、新たな自費診療による総合医療を提供することで、心身が生き生きした状態を維持できるように支援する病院を目指しています。

地域の方にとっては、札幌市のクリニックまで行かなくても江別市でICLが受けられることが一番のメリットだと言えますね。

インフォームドコンセント

北海道テレビ放送の番組で紹介された際には、インフォームドコンセント(説明と同意)に力を入れて診療に取り組んでいると語られています。

特に目の手術となれば、「手術が失敗したときに失明してしまうのではないか」という不安をほとんどの患者が持っていると思います。

忙しい中でも一人一人に向き合い、しっかりと説明に力を入れる姿勢は安心できます。

屈折治療外来

目にレーザー照射するイメージ

川口眼科クリニックでは、強い近視の治療のために三つの治療方法を提案しています。

ICL治療

ICLは角膜を削り取らずに、レンズを虹彩と水晶体の間に挿入する施術です。

今までのレーシック手術では、角膜を削り取って視力矯正をするためやり直しができませんでした。

ICLは角膜にわずか3㎜の切り込みを入れてICLレンズを挿入するため、目の負担が少なく、もしもの場合はレンズを取り外すことができます。

手術時間も約20分と短時間。視力の回復がその日から徐々に実感でき、翌日には多くの方が日常生活ができるようになります。

オルソケラトロジー

一人ひとりに合わせた特別な治療用コンタクトレンズを就寝時に装着し、寝ている間に屈折矯正をする治療方法です。

そのため日中は裸眼で過ごすことができ、治療を継続する負担を軽減できます。

多焦点眼内レンズ

多焦点眼内レンズは、外から入ってきた光を振り分けて複数の距離でピントが合わせられます。川口眼科クリニックでは、この特性を使い(国内未承認レンズを用いて)屈折矯正を行います。

これらの治療方法は、近視の強さや年齢、体質等によって治療ができない場合もありますので、事前にしっかりと相談することが大切です。

また自費診療ですので治療方法により治療費が大きく変わります。事前の確認は必須です。

近視進行抑制外来

近視進行抑制の完全な方法はまだ見つかっていません。川口眼科クリニックでは、治療方法の選択肢を示して、患者と一緒に最適な方法を考えていく手伝いをしています。

主な治療の選択肢としては、

低濃度アトロピン点眼薬治療

近視の進行を遅らせる効果が報告されている点眼薬を使用する治療法です。

オルソケラトロジー

特殊な形状のコンタクトレンズを就寝時に装着し、屈折矯正をすることで、日中は裸眼で過ごすことができます。

多焦点ソフトコンタクトレンズ

レンズの異なるゾーンに異なる度数を持つ特殊レンズを使用して、近視の抑制をする治療法です。

などが挙げられます。これらの方法を個人に合わせて、単独で行う場合や併用して用いる場合があります。

川口眼科クリニック詳細データ

住所 北海道江別市野幌東町54-11
アクセス JR函館本線 野幌駅より徒歩4分
診療時間 平日 9:30~12:30、14:00~18:00
土曜 9:00~11:30、13:00~15:00
休診日 日曜、祝日、火曜午後、水曜午後
駐車場 4台完備
院長 川口 聡

川口眼科クリニックの詳細はこちら

error: Content is protected !!